International Health Care Center,NCGM

国立国際医療研究センター 病院ボランティア【外国人サポーター】

国立国際医療研究センター病院では、月に何度か患者さんの院内の案内等をサポートする病院ボランティアが活躍しています。

 

2016年1月より、外国人サポーターとして、外国語での対応のできる仲間が増えました。

今後、東京オリンピックに向けてさらに増加していく訪日外国人の方が安心して医療機関を受診できるよう、地域のリソースや可能性を活かし、「できること」を「少しずつ」形にしていく取り組みを行います。

 

病院ボランティアの基本情報は病院ホームページをご確認ください。

病院ボランティアとして登録の後に、国際診療部医療コーディネーターの支援のもと、活動を行います。

 

【活動の例】

初診時の手続き、院内各部門へのご案内、会計や院外薬局利用の際のサポート。

 

◆外国語は日常会話ができれば大丈夫です(医療通訳は行いません)

◆報酬はありません

◆交通費は自己負担です

◆ボランティア保険加入は当院が負担します

◆活動前にはオリエンテーションがあります

◆年に1回、健康診断を当院で受けることができます(職員健診)

◆院内の勉強会等に参加できます